千歳・恵庭・札幌・北海道の相続・改葬・遺言、成年後見、起業・開業・創業、会社設立・法人設立、介護福祉事業申請、品種登録、著作登録は、行政書士事務所リライアブルパートナーズにお任せください!

在留・帰化手続き

  • HOME »
  • 在留・帰化手続き

ご覧になりたい項目のボタンを押してください
在留資格認定証明書 在留資格の変更 在留期間の更新 家族滞在・結婚による上陸 帰化申請 お問い合わせ


在留資格認定証明書

 

外国籍の方が日本に上陸するには何らかの在留資格が必要となります。もちろん短期の観光目的等は別ですが、例えば、研修に為に日本に入国在留するには、「技能実習」という資格で滞在することになります。

単純に入国、滞在しようとなれば厳格な手続きを要求されますが、あらかじめ「在留資格認定証明書」の交付を受けていればスムーズに入国することが可能になります。

この証明書を手にするにはあらかじめ地方入国管理局に申請することになります。申請者は本人、配偶者、または受け入れ先等が代理しますが、申請を行政書士が取り次ぐことが出来ます。入管窓口は大変混雑しており、申請者自身や代理人が行くのは時間が掛かり過ぎます。行政書士は比較的スムーズに申請書を提出することが出来るのです。

ただし、当日中に発行されることはないので、滞在が決まったら、お気軽にお声かけください。行政書士事務所リライアブルパートナーズがお手伝い致します。なお、交付から三ヶ月以内に入国しないと無効になるのでご注意ください。

在留資格の変更

 

例えば、留学の資格で日本に在留していた学生が、卒業して、就職した場合が考えられます。この場合、在留資格が「留学」のままでは就労出来ません。『許可を受けての1週について28時間以内(留学の在留資格をもって在留する者については,在籍する教育機関が学則で定める長期休業期間にあるときは,1日について8時間以内)』というものは、収益を主な理由としないことが前提だからです。

こういった時には、在留資格を変更する必要があります。在留資格変更の為には、在留期間内に地方入管管理局に申請しなければなりません。ただし、技能実習は在留期間満了時に申請することになりますので、満了したら速やかに行わなければなりません。

収益目的の活動は在留資格変更前に行えば、資格外活動として違反行為になりますのでご注意ください。変更手続きも申請取次行政書士がお手伝い致します。

在留期間の更新

 

現在受けている資格で日本に滞在する期間を延長する場合、「更新」の手続きを受けることになります。相当の理由を証明する書面を提出し、求められる必要があるので必ず認められるとは言えません。

家族滞在・結婚による上陸

 

家族滞在とは、在留資格を持つ方の扶養を受ける子どもと配偶者に付与される在留資格です。したがって、両親はダメなんですね。扶養が要件ですので一定の収入を得ると、家族滞在の資格を失うことになります。同時に、扶養している親や配偶者が出国したり、死別、離婚をすると、在留資格を失うことになります。一定の期間は滞在が認められますので、出国するか、在留資格を得る必要があります。

日本人婚約者と結婚する為に上陸するには、短期滞在は相応しくありません。婚約者と婚姻する旨を記載した上で在留資格認定証明書の発給を受けましょう。その後短期滞在の資格が付与されます。それから、日本人配偶者としての資格変更を受けましょう。最初が単に短期滞在で申請すると変更が認められない可能性が考えられますので、このように手続きを行います。なお、この他にも永住許可というものもあります。

帰化申請

 

帰化申請とは国籍を日本に変更し、日本人となることです。日本人になると扱いが当然日本人と同じになります。

帰化申請は本人主義をとっていますので、必ずご本人が手続きに出向かなければなりませんが、行政書士は書類の作成を支援し、帰化申請までのサポートを行って行きます。

帰化の要件は6つです。

・引き続き5年以上日本に住所を有すること

・20歳以上で本国法によって能力を有する(決して子どもが帰化できないわけではありません。親が代理人となって申請します。)

・素行が善良であること(法律違反がないことです。道交法でも注意が必要です。)

・自己または生計を一とする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことが出来ること

・国籍を有せず、又は日本の国籍取得によってその国籍を失うべきこと(面倒な言い方ですが、要するに前の国籍が消滅出来ること、ということです。国によっては未成年の国籍消滅を認めないところもあります。)

・ 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法 又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと。

これ以外に、日本語を話せ、書けて、理解出来ることも必要です。

上記六つの要件は原則であり、減免する例外規定もあります。特に日本人配偶者がいる方やその子には減免規定が多いです。

お気軽にお問い合わせください TEL 0123-25-8494 9:00~17:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.